【むず面白い!】「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」を読んでみました!

哲学

こんにちはManaBuです

今日は飲茶著「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」を読んでみました!

西洋哲学編の回でアクションプランに掲げたように、東洋哲学編にもゼロからチャレンジしてみました!

【結論】むっず〜〜〜〜!!

これは著者飲茶さんの書き方をディスっているわけではなく、むしろこの本のおかげで最大限正しく、素直に東洋哲学の難しさを理解できたと言うポジティブな意味です

西洋哲学編では読み進めるごとに「おぉ〜次はこう来たか!!ふむふむ」と飲茶さんの解説の通り1段ずつ階段を登っている感覚で読み進めることができたのですが、東洋哲学編ではそうもいきません

なぜか

それは読み進めていくうちにぼんやりと、東洋哲学が「言葉≒論理」以前の状態まで立ち戻って突き詰めて「この私」を見ることにあるからだと感じました(ここに真髄がありそうだと)

本書の冒頭もこんな言葉で始まります

東洋哲学とは何か?
まず最初にはっきりと断っておくが、本書を読んで東洋哲学を理解することは不可能である。それは本書が入門書だからという意味ではない。何万語と尽くした本格的な専門書を何万時間かけて読んだとしても同様、この地球という惑星の中で空より高いものがないとわかるように、東洋哲学の理解不可能性がわかるだけである。

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」冒頭より

最初は「えぇぇぇぇ〜〜〜それを言っちゃあ、おしまいじゃん」とも思いましたが、読み終えた今では”「言葉以前の状態の世界とこの私」を「身をもって体感する」ということを「言葉で」他人に伝えてください”って、、うん、無理っすねと納得できます(お釈迦様も最初は悟りを人に伝えるのを渋ったとか…)

今後の自分の学びのためにも現時点での感想や気づきを簡単に書き留めておこうと思いますので「私もこれから哲学はじめてみようかな?」という方に少しでも参考になれば幸いです!

そして哲友(テツトモ)になってください…w(コメント欄やTwitterで感想などいただけるととても嬉しいです!)

【この記事の目次】

  1. 【インド・中国・日本】「十牛図」に見る東洋哲学のベストミックスとは?
  2. 【勝手にピックアップ】nichizero的「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」ハイライトシーントップ3!
史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

【インド・中国・日本】「十牛図」に見る東洋哲学のベストミックスとは?

まずは東洋哲学の伝統に敬意を評して、本記事でも”落ち”を先に言っちゃうという反則技を使いたいと思います

それはこの本を難しい、とかちょっと読み進めにくい…と感じる場合は最終節の「悟りを超えて」から読まれても良いかも、ということです

というのも本書の旅のしおりとして最終章で紹介されている下の図、「十牛図(じゅうぎゅうず)」がとっても素敵だからです

読了後の一番の感想は、「あぁこの絵を”体験”すること助けてくれるガイドブックなんだなぁ、この本は」ということでした

この本を読んだ上で、十牛図の絵の意味や成り立ちを解説するなんて野暮な真似は絶対しませんが、インドから始まって中国を経て日本にたどり着いた東洋哲学のベストミックスを見た思いがします

それに冒頭申し上げたように”言葉以前まで立ち戻る”東洋哲学は、絵のような非言語の表現と非常に相性がいい気もしますね

私もこの絵に立ち戻りながら、また、この絵をきっかけに本書を読み直したり、別の哲学書を読み進めたりしたいと考えています

十牛図、好きです(本当にただの感想だな、おい)

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」最終節「悟りを超えて」より

【勝手にピックアップ】nichizero的「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」ハイライトシーントップ3!

本書全体としての感想・印象は上に述べた通りですが、ここでは特にここが「グッと」きたnichizero的ハイライトシーンを勝手にランキング形式で発表したいと思います!(勝手に表彰するのはみうらじゅんさんオマージュ?)

  1. 【栄西 「思考」を通さずに物事を理解する】の「思考」を他者として見る!
  2. 【龍樹 全ては「空」である】の般若心経!
  3. 【東洋哲学とは何か?⑶東洋哲学は「ウソ」である】のエガちゃん!

さっそく第1位からまいりましょう!

【栄西 「思考」を通さずに物事を理解する】の「思考」を他者として見る!

第1位は臨済宗の開祖、栄西パートでの「公案」の解説部です!

よく「禅問答」なんていう言葉でちょっと噛み合っていない(矛盾をはらんだ)問いかけのことを表現したりしますが、その意味がよくわかりました

なぜ矛盾をはらんだ問いかけを行うのか?

下記に引用した”超かっこいい”解説でその答えが書いてありました

その悲鳴を最後に弟子は絶対的な静寂に包まれる。ふと後ろを振り向くと、そこには「思考」がいた。彼は、生まれてはじめて「思考」を「他者として観る」という「体験」を味わう。そしてその「体験」の中で、彼は多くのことを「理解」する。思考とは自分自身などではなく、ただの道具であることを。思考を通さずに物事を理解することが可能であることを。

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」【栄西 「思考」を通さずに物事を理解する】

「禅」というものに俄然興味が沸いた瞬間でした

堂々の第1位です!おめでとうございます!

【龍樹 全ては「空」である】の般若心経!

第2位は大乗仏教の大家、龍樹パートでの般若心経の解説部です!

般若心経といえばさすがに哲学ど素人の私でも知っている超メジャーなお経で、「色即是空 空即是色が大事なんでしょ?」と思っていましたが…

「え、うそ違うの?おぉ〜!最後のギャーテーギャーテーってそんな意味があったのか!」と眼から鱗でした

全てを「無い、無い」づくしで否定して、ついにはお釈迦さんの教えすら(あえて)否定した先に待つ恐怖とは?そしてその恐怖をジャンプするために必要な最後のひと押しとは?

この部分は本当に面白くて何度も何度も読み返してしまいました!

第2位、おめでとうございます!

最後に特に好きな部分を引用して次へ進みます

「見る」「触れる」「認識する」と言えなくなる境地とは、日常的な「私」にとって「死」以外の何ものでもない。「世界」とひとつとなり、二元がなくなってしまったら、もはや「他者との区別において切り出された私」というものは、「存在しない」。無分別智を目指すものは、この恐怖──「私は存在しない」という恐怖──と闘わなくてはならない。

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」【龍樹 全ては「空」である】

【東洋哲学とは何か?⑶東洋哲学は「ウソ」である】のエガちゃん!

第3位は【東洋哲学とは何か?⑶東洋哲学は「ウソ」である】のパートの江頭2:50さんの言葉を引用している部分です!

なぜだかかわかりませんが、この部分を読んでいる時に本書で初めて涙がこぼれてきました

もう理屈抜きっす

大好きな言葉として、そして東洋哲学の「伝達不可能性」という真髄を表す言葉として胸に刻みたいと思います

二一世紀を代表する偉大な哲学者である江頭2:50は、どこかでこんなことを言っている。

「生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるとき何て言えばいいんだ?こんな簡単なことさえ言葉にできない。だから俺、もっと頑張るよ」

「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」【東洋哲学とは何か?⑶東洋哲学は「ウソ」である】

以上、勝手にハイライトシーントップ3でした!

最後に-【むず面白い!】「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」を読んでみました!-のまとめと今後のアクションプランです

さて、今回は「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」を読んでみました!ということで読書感想回をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

「悩んでるな〜」という感想をもたれた方、正解ですw

正直、西洋編と合わせて哲学というものの奥深さにボコボコにされた感覚でございます

ただ同時に清々しい敗北感というか、「よーし、こっからゼロから学びたいぞ」という気持ちでもあります

継続して哲学書にチャレンジしていきたいと思います

【記事まとめ】

  1. 【インド・中国・日本】「十牛図」に見る東洋哲学のベストミックスとは?
    • 最終節で紹介される十牛図に本書の全体としての印象を託すとともに、読み進めにくい方へのちょっとしたおすすめをさせていただきました
  2. 【勝手にピックアップ】nichizero的「史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち」ハイライトシーントップ3!
    • 特にここが「グッと」きたnichizero的ハイライトシーンを勝手にランキング形式で発表させてもらいました

【ManaBuのアクションプラン】

  • エガちゃんねるのチャンネル登録(すぐやりました)
  • 気になった哲学者の別の本も読んでみる
    • 龍樹
    • 栄西
    • 荘子 あたりが気になっています
  • 哲友(テツトモ)を作って哲学談義がしたい←コメントお待ちしております

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!